心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

清明 次候 鴻雁北(こうがんきたへかえる) 清明 次候 鴻雁北(こうがんきたへかえる)

やすらい祭

赤い大きな花傘を先頭に
鐘 太鼓を
「やすらい花や〜」の
はやし詞にのって
大鬼小鬼が厄除けに
町内をめぐる やすらい祭
散る花にのって疫病が
ひろがるとされた
平安時代に
花が散らないように願って
始まった鎮花祭です。

やすらい祭が晴れると
京の春の祭はみんな晴天とか。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市北区

京都市北区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時