心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立秋 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう) 立秋 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)

でっち羊羹

かつて丁稚(でっち)さんが
盆と正月の年2回のお休みから
奉公先に帰る時の
おみやげとして
でっちさんでも
買える値段であったので
名づけられた でっち羊羹

今ではその由来から滋賀県の
無形民俗文化財なのです。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県近江八幡市

滋賀県近江八幡市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時