心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

夏至 次候 菖蒲華(あやめはなさく) 夏至 次候 菖蒲華(あやめはなさく)

おいなりさん

「おいなりさん」と
親しみをこめて呼ばれる
いなり寿し
京都 伏見稲荷大社では
神さまのお使いはきつねと
いうことで古くから
油あげがお供えもの
その油あげを甘辛く煮て
黒ゴマと麻の実の入った
酢飯を詰めた
「おいなりさん」は
今では油あげと並んで
お供えされています。


ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都伏見区

京都伏見区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時