心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

冬至 初候 乃東生(なつかくれくさしょうず) 冬至 初候 乃東生(なつかくれくさしょうず)

いのちをいただく

餡がいのちといわれる
京生菓子
竹を割った器に
しっとり煮上がったばかりの
餡を盛っただけ
主役は餡です
新物の丹波大納言小豆の
収穫を待って
12月に入ると登場し
新物の小豆がなくなると
終わりの冬限定
今だけ味わえる
老舗の矜持の味です

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市中京区

京都市中京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時