心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

秋分 初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) 秋分 初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

矢田寺 代受苦地蔵

お地蔵さまのお守りが
かわいい矢田寺
街中の小さなお寺ですが
盂蘭盆会には
お迎えした御先祖さまを
お送りする「送り鐘」で
京都では良く知られています。
御本尊は「代受苦地蔵」
このお地蔵さまは
苦をかわって受けて
くださるお地蔵さま
一日中お詣りの人の
ローソクの灯りがたえないのです。


ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市中京区

京都市中京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時