心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立夏 末候 竹笋生(たけのこしょうず) 立夏 末候 竹笋生(たけのこしょうず)

獅子吼の庭

「獅子吼の庭」で知られる
嵐山 宝厳寺
獅子吼とは
おしゃかさまの説法のこと
獅子岩と呼ばれる
苔むした巨石をはじめ
さまざまな表情の岩石が
緑したたる青もみじの中に
点在する庭園は
葉擦れの音さえ耳にとどく
静けさです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市右京区

京都市右京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時